ローン計算の手ほどき│山形県の不動産情報はみずほ開発

 » 
ローン計算の手ほどき

ローン計算の手ほどき山形銀行さんのシミュレーションツールを使って、ローン計算の方法を手ほどきいたします。

【1】ローン・シミュレーションの前に

まず、シミュレーションの前に、ご家族で以下の内容を話し合ってみてください。




  • いくら借りるのか。
  • 月々の返済額はいくらにするのか。
  • ボーナス併用返済にするのか。(※1)
  • 借入期間を何年にするのか。


※1:併用返済の場合、ボーナスの割合をどれくらいにするのか検討します。(ボーナスの割合は最高50%までになります。)

【2】ローン借入可能な目安額


次に、「借入可能な目安額」をお知りになりたい方は、お手元に年収がわかるものをご用意ください。(会社員等の方は、最新の源泉徴収票で結構です。)


【3】ローン・シミュレーションの実践

さぁ、いよいよ実践です。山形銀行様のサイトを開いて、ローン・シミュレーションのページへ移動してください。











(1)山形銀行様のロゴマークをクリックしてください。


(2)トップページ左中央のバナー『<やまぎん>住まいの総合案内』をクリックしてください。


(3)ここのページの『シミュレーション』で計算する事ができます。


山形銀行サイトへ

【4】ローン情報の入力

では 、一番上の『借入額からみたシミュレーション』で、実際に入力してみましょう。



例:


(1)「金利を選択してください」にて


「オーダーメイド(中古住宅専用住宅ローンも含む)」の「一般」で、○ 5年固定を選択。


(2)「金額を入力し、割合、期間を選択してください」にて


「お借り入れ金額(50万以上5000万以内)」で、2500万円と入力。


「うちボーナス返済割合(50%以内)」で、0%を選択。


「お借り入れ期間(1年以上35年以内)」で、30年を選択。


(3)以上をもれなく入力して、「実行」をクリックしてください。


(4)すると、以下のように表示されました。




















ご返済額 毎月 100,740
ボーナス月(加算額を含む) 100,740
ご返済総額 36,266,400





~ 5年固定金利の場合、2,500万円を30年で返済するには、毎月 100,740円ずつの返済になる事がわかりました。






※:この場合は、借入金利を2.650%として計算しております。金利が変更になった際にはご返済額、ご返済総額が変わりますので、ご了承ください。


【5】その他のシミュレーション


金利の選択を変えた場合、返済期間を変えた場合など、様々なバリエーションで計算する事ができます。『借入額からみたシミュレーション』の他にも、『返済額からみたシミュレーション』『年収から見たシミュレーション』がありますのでぜひお役立てください。


それぞれの角度から計算してみると、お借り入れの目安と生活スタイルにマッチした返済プランが見えてくる事と思います。



参考:全国及び、山形県の住宅ローンの平均返済額、賃貸の平均家賃額表です。


























住宅ローン(持家) 家賃+共益費
山形県(平成15年) 8.4万円/月 4.5万円/月
山形県(平成10年) 8.1万円/月 4.5万円/月
全国(平成15年) 9.6万円/月 5.8万円/月


H15年住宅需要実態調査山形県版より

【6】あとがき


いかがでしたでしょうか。中々すぐに理解できるものではないので、難しく感じた方が多いのではないかと思います。銀行、ローンの種類もさまざまですから、不動産屋さんとお話して少しずつ慣れて行っていただければと思います。


ただ、どうしてもローンの計算方法が分かりかねるとき、相談する人が身近にいらっしゃらないときは、当社スタッフに、お気軽にお問合せいただければと思います。お待ちしております。


また、「シミュレーション」と「シュミレーション」、どちらが正しい表記かご存知ですか?英語で書くと「simulation」ですので「シミュレーション」の方が適切なようです。YahooやGoogleなどの検索エンジンを使って調べるときは「シミュレーション」と入力した方が、求めている情報に出会えるかもしれません。



    ▼アイコンについて
  • リフォーム済
  • 現場検査員による検査完了
  • 瑕疵担保2年保証
  • 瑕疵担保保険10年
  • 住宅ローン減税対象
  • 住まい給付金対象